43歳会社員、年収470万円です。退職金代わりにイデコはどうなのでしょうか。

こんにちは、木村久美です。

40代になり、老後資金への意識が高まるケースが増えています。

3年前の、老後資金2000万円問題がキッカケ、という方も少なくありません。

会社員の方から、次のようなご質問をいただきました。

43歳会社員、年収470万円です。

会社に退職金制度がなく、将来のことを考え貯めておいたほうがいいよね、と考えるようになりました。

そこで、退職金代わりといいますか、イデコを検討しています。

近所の銀行でいいのか、一度ちゃんと探してみたほうがいいのか。増やすとなったらどんな商品を選べばいいのか、全然わかりません(・・;)

こんな状態でも、イデコを選んだほうがいいのでしょうか。

どれくらいメリットがあるのか、ぼんやりしか分かりません。

退職金代わり、老後資金づくりと考える場合、イデコが最強です^^

毎年の税金がおトクにできます。増やすことも期待できます。質問者さまの場合、所得税と住民税をあわせて、30%分の税金がやすくなります。

たとえば、イデコで、月2万円積立するとしますね。

すると、年7万2000円も、税金がおトクになってくれます。

60歳まで継続できれば、122万円以上になってくれます。かなり大きいですよね^^

さらに、イデコは、投資信託を使って増やすことも可能です。金融の世界では、投資信託でながく運用することで、5%ほどの収益が期待できると言われています。

60歳まで積み立てると、408万円です。

それが、636万円ほどになってくれるでしょう。

税金がおトクにできて、増やすことも期待できる。これが、イデコの魅力です^^

ただ、どの金融機関(運営管理機関)をえらんでも、同じ手取りになるかというと、実はそうではないのです。

たとえば、手数料です。金融機関によって、毎月引かれる手数料が違います。

一番安いところと、高いところでは、3倍も違います。

その手数料の差は、17年間で、8万円以上にもなるのです。

そのため、ご近所の金融機関、という選び方ではなく、手数料が低いところから選ぶ、というのも1つの方法ですよ^^

商品えらびも、金融機関によって扱いが異なります。その分、増え方に影響することがあります。

投資信託は投資商品ですので、キホンは理解しておいたほうがいいです。

イデコは、こちらで完全網羅できますよ。

「超初心者でもカンタン!月5000円から始めるイデコ攻略法セミナーDVD、オンライン動画」

断片的な情報は、収集するのに時間がかかります。それでいて、本当に必要などうか、初心者目線では判断がむずかしいことがあります。

こちらで、本当に必要な情報が、入手できます。じょうずな資産形成が、期待できるようになりますよ。

セミナーは、先月東京で開催しました。その模様を、DVDと動画に編集し、リリースいたします。

販売開始は、9月27日(火)20時です。

詳細は、メルマガで、お伝えしますね。

あなたも、年内に、イデコデビュー!できるようになりますよ^^

タイトルとURLをコピーしました