リート(不動産投資信託)はどうなのでしょうか?メリットデメリットを知り、効率良く増やすための方法

こんにちは、木村久美です。

本日は、リートという金融商品について、お話させていただきますね。

不動産投資信託のことです。オフィスビルや商業ビルなどの、家賃収入が収益源になっています。

安定的に、お金が入ってきそうなイメージかもしれません。

また、海外の投資家からみると、今の日本の不動産は、資金調達コストが安い傾向です。コロナ禍とはいえ、ほかのアジア地域にくらべ、売買のしやすさ(流動性)が魅力なようです。

しかも、投資信託ですから、複数の不動産に投資ができます。リスクの分散になりそうですよね^^

資産運用のキホンは、4本のインデックスファンドです。

・国内株式
・国内債券
・外国株式
・外国債券

4本の組み合わせで十分なのですが、慣れてくると、ちょっと違うものも組み合わせてみようかしら、と思うかもしれません。

その際の注意点は、やはり、リスクですね。

どのくらい、リスクがあるのかは、過去のデータをみれば分かりますよ。

今回、4つの比較データを、ご用意しました。ご覧いただいた上で、取り入れるかどうか、その判断は個人によって、違ってくると思います。

情報を拾い集める手間がなく、必要なポイントが分かります。

もし、取り入れる場合は、どうしたらいいのか?についても、こちらでお話しています。

「超初心者のための月5000円から始めるイデコ攻略法セミナーDVD、オンライン動画」

このセミナーでは、よくいただく質問を集めた、「あれこれ質問集」と題して、5つの内容について、お話しています。リートは、その1つです。

実際に、イデコで扱われている商品をもとに、解説しています。

ほかの4つについては、改めて、お伝えさせていただきますね。

今月27日(火)夜8時に、発売開始です。

資産運用のキホンは、こちらでも、お伝えしています^^

タイトルとURLをコピーしました