円安で外貨預金が人気!取り入れるのはアリでしょうか?

こんばんは、木村久美です。

円安が続き、外貨への注目度が、高まっています。なかでも、外貨定期預金が、人気です。

銀行によっては、年3.5%という金利のところもあります。

ふだん、お金を増やそうと思ったら外貨を取り入れるといいですよ、とお話しています。外貨預金も、候補にあがると思われるのではないでしょうか。

円安が進めば、お金を増やすことは可能です。

たとえば、このような定期預金に、あずけるとしましょう。

・金利:年3.5%
・通貨:米ドル
・預入:100万円
・為替手数料:片道15銭(往復30銭)

確認したときの為替が、143円17銭でした。

1年後、もし為替が同じくらいだったとしたら、円での受取額はどうなるかというと、102万8105円になります。

2万8000円のプラスです。結構、増えてくれていますね。

この場合の損益分岐点は、1ドル=約139円です。この為替を下回らなければ、元本割れは避けられそうだ、となります。

そうなると、外貨預金が魅力に感じるかもしれません。

いつもお話しているのは、魅力な部分だけでなく、逆の部分も、利用する前にしっかりチェックしておこう、ということです。

ひとつは、為替手数料です。

最近は、為替手数料が、片道1円以下のところが増えてきています。手数料が安ければ、お金が増えることに、つながりやすくなります。

それから、為替の変動にも、注意が必要です。

こちらに関しては、過去の詳細データを、作成しました。

定期預金が満期を迎えるときに、為替がどうなっているのか、誰にも予想ができません。満期という、特定の時期に、かかっているとも言えます。

ほかにも、注意しておく部分が、あります。

「超初心者でもカンタン!月5000円から始めるイデコ攻略法セミナーDVD、オンライン動画」

1時間42分のところで、お話しています。

預入から引出まで、計算のしかたも分かります。

取り入れるか迷ったときは、当てはめて計算してあげると、カンタンに答えがでますよ^^

今月27日(火)夜8時に、リリースいたします。

詳細は、引き続き、お伝えさせていただきますね^^

タイトルとURLをコピーしました