外貨建て保険にひそむ、見落としがちなリスクとは?

保険

こんばんは、木村久美です。お金を増やそうと思ったら、外貨が、キーになります。

円の金利は、ものすごく低いです。それにくらべ、外貨の金利は、高い傾向にあるためです。

そこで、米ドルなどの、外貨建て保険が、注目されています。

退職金などのまとまったお金で、契約されるケースもあるようです。

為替が円安になるタイミングで解約すれば、収益が期待できます。

一方、外貨建て保険は、見落としがちなリスクというものが、2つあります。

ひとつめは、コストです。

商品によっては、初期費用がかかるものがあります。

たとえば、明治安田生命保険「エブリバディプラス」は、3.8%かかります。

1000万円で契約すると、いきなり、38万円もの手数料が引かれるわけです。

はじめは、このコストが高いのか低いのか、分からないかもしれません。

しかし、効率良く貯める方法がわかってくると、このコストが、非常に高いことに、気づくと思います。

ふたつめは、金利の影響です。

中途解約したときに、その時々の、金利の影響を受ける場合があります。

たとえば、契約したときよりも金利が下がっていると、受取れるお金は増えます。

逆に、金利が上がっていると、受取れるお金が減るということです。

将来の金利がどう動くかは、誰にも予測することができません。

どうなるか分からない、しかも、1つの通貨だけに、集中投資していることになるのです。

つまり、外貨建て保険は、ハイリスクな部類に、はいります。

もちろん、お金を増やすために、リスクは、必ずともないます。

ですが、ご自身で、リスクをコントロールできる運用法も、ちゃんとあります。

不安を安心に変え、着実な資産形成が、できるようになりますよ。^^

タイトルとURLをコピーしました